> > > みずほ銀行カードローンで即日融資を受けたい…どんな条件があるの?

みずほ銀行カードローンで即日融資を受けたい…どんな条件があるの?

カードローンやキャッシングと言えばどのようなイメージがありますか?

消費者金融というイメージの方も多いかもしれませんが、実は銀行のカードローンも多種多様に存在しています。

そんな中で、申し込んだその日に融資を受けられるようなカードローンもでてきました。

みずほ銀行カードローンもその一つです。

大変便利なカードローンの即日融資ですが、もちろん誰でも利用できるというわけではありません。

今回は、みずほ銀行カードローンの即日融資についてその条件や申し込み方法を調べてみました。

みずほ銀行カードローンには2つのプランがあります!

みずほ銀行といえば、知らない人はいないくらいの有名なメガバンクの一つですよね。

そんなみずほ銀行のカードローンは一体どのような商品なのでしょうか?

みずほ銀行カードローンには2つのプランが存在します!

銀行口座でみずほ銀行の口座を持っているという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、カードローンについてはよく知らないという方も多いようです。

みずほ銀行のカードローンは、エグゼクティブプランとコンフォートプランの2つが存在します。

双方を兼用することはできず、どちらか1つのプランを利用していくことになるので注意しましょう。

エグゼクティブプランとコンフォートプランで何が違うのかと言えば、以下の点が異なります。

  • 利用限度額のプラン
  • 金利
  • 特典

利用限度額については、上限はともに1000万円となっています。しかし、最低契約限度額が、エグゼクティブプランの場合200万円、コンフォートプランの場合は10万円となっているのです。

これはもちろんあくまでも限度額の話ですので、エグゼクティブプランだから必ずしも200万円キャッシングしなくてはいけない!ということではありません。

また、金利についても違いがあります。

借入限度額 エグゼクティブプラン コンフォートプラン
10万円~100万円未満 14.0%
100万円~200万円未満 12.0%
200万円~300万円未満 7.0% 9.0%
300万円~400万円未満 6.0% 7.0%
400万円~500万円未満 5.5% 6.0%
500万円~600万円未満 5.0% 5.0%
600万円~800万円未満 4.5% 4.5%
800万円~1000万円 3.5% 4.0%

借入額が300万円未満の場合、エグゼクティブプランの方がかなりお得だということが分かりますよね。

そして、特典についてですが、両方ともに共通された特典として、金利の優遇があります。

これは、みずほ銀行で住宅ローンを利用している方が対象となり、すべてのプラン・限度額で0.5%金利が引き下げられます。

つまり、エグゼクティブプランで800万円利用した場合、3.5%なのが3.0%になるということです。これはかなりお得な特典と言えます。

また、エグゼクティブプランを利用の方のみの特典としては以下のものがあります。

  • 教育資金をサポート
  • エグゼクティブプレゼント
  • コミュニケーションメールの配信

これらはコンフォートプランにはない特色となっています。

では、それぞれの貸し付け条件について確認していきましょう。

エグゼクティブプランの貸し付け条件とは?

まずは、様々な特典のあるエグゼクティブプランの貸し付け条件をみていきます。

対象者 ・満20歳~66歳未満
・継続して安定した収入と返済能力がある
・保証会社の保証を受けることができる
使途 自由
(ただし事業性資金としての使用は不可)
限度額 200万円~1,000万円
※100万円単位/ネットでの申し込みの場合は50万円単位
※「ネット口座振替受付サービス」を利用した申し込みの場合上限200万円
金利(実質年率) 3.0%~7.0%
返済方式 残高スライド方式
担保・連帯保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

エグゼクティブプランを利用する場合、継続して安定した収入は必須となりますので注意しましょう。

コンフォートプランの貸し付け条件とは?

では、続いてコンフォートプランの貸し付け条件についてみていきます。

対象者 ・満20歳~66歳未満
・継続して安定した収入と返済能力がある
・保証会社の保証を受けることができる
※申込者に収入がない場合、配偶者に継続して安定した収入があれば可能
使途 自由
(ただし事業性資金としての使用は不可)
限度額 10万円・20万円・30万円・50万円・100万円~1,000万円
※申込者本人に収入がない場合は上限30万円まで
※100万円以上の場合は100万円単位/ネットでの申し込みの場合は50万円単位
※「ネット口座振替受付サービス」を利用した申し込みの場合上限200万円
金利(実質年率) 4.0%~14.0%
返済方式 残高スライド方式
担保・連帯保証人 不要
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション

コンフォートプランの場合は、専業主婦(夫)の方でも上限30万円までなら申し込みを行うことができます。

エグゼクティブプランかコンフォートプランかは選べないので注意!

金利がエグゼクティブプランの方が良いということもあり、出来ればそちらのプランが良い!という方も多いかもしれません。

しかし、実はエグゼクティブプランかコンフォートプランかを選ぶことは申込者サイドではできません。

どちらのプランにするかは審査するみずほ銀行側が決定しています。

そのため、たとえエグゼクティブプランが良くても、コンフォートプランになる可能性もあるということは覚悟しておきましょう。

みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるための5つのポイント!

冒頭でもご紹介しました通り、みずほ銀行カードローンは即日融資を受けることも可能となっています。

しかし、どのような方でも即日融資が可能というわけではありませんので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンは口座を開かなくても利用できる!

まず、ご説明しておきたいのは、みずほ銀行カードローンは口座を開かなくても利用できるということです。

みずほ銀行の口座をあらかじめ持っていない方でも申し込むことができます。

その時に同時に口座開設をするか、口座開設はせずカードローン口座のみ利用するかを選ぶことができるのです。

カードローン口座のみを選択した場合、ローンカードが送られてきます。そのローンカードを利用してキャッシングすることになります。カードローンと同時に口座開設を希望した場合は、キャッシュカードにローン機能が付いた一体型のカードが送られてきます。

キャッシュカードでキャッシングも出来るということになります。

みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるには5つの条件があります

では、みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるためのポイントをご紹介します。

即日融資を受けるには以下の5つのポイントをすべて踏まえておく必要があるのです。

  • すでにみずほ銀行の口座・キャッシュカードを持っている
  • WEB完結申込を利用して申し込む
  • キャッシュカード一体型を利用する
  • 営業日に申し込みをする
  • 午前中に申し込む

今現在みずほ銀行の口座をお持ちでない方が、即日融資を希望されても残念ながら難しいと言わざるを得ません。

みずほ銀行カードローンを利用するにはカードが必要だからです。

審査や口座開設がその日に出来たとしても、カードは郵送となりますので後日送られてくることになります。

そのため、カードが手元に届くまではキャッシングができないのです。

みずほ銀行のホームページでは、みずほ銀行の口座を持っていない方でカードローンの利用を急ぎたい方は、店頭で相談・申し込みを行った方が早いといった旨が記載されています。

また、口座をお持ちの場合、WEB完結申込を利用することもポイントです。郵送などで申し込みをするとそれだけで時間がかかってしまいます。

店頭に行かなくても、空いた時間にネットを利用して申し込みができます。

そして、キャッシュカード一体型を利用するというのもポイントとなります。

これは先ほどと同じ理由ですが、キャッシュカードとは別にカードローン用のローンカードを希望してしまうと、ローンカードが郵送されるまでに時間がかかります。

キャッシュカード一体型にしておけば、既に手元にあるみずほ銀行のキャッシュカードでそのままカードローンが利用できますから大変便利です。

また、みずほ銀行の口座は持っているけどキャッシュカードは発行していないという方の場合は、あらかじめキャッシュカードを発行しておく必要があります。

また、申し込みの曜日や時間も重要なポイントです。みずほ銀行の営業日に申し込みを行う必要があります。そして、午前中に申し込みを行うのが鉄則です。

みずほ銀行カードローンのホームページに、審査時間についての記載があり、午前中に申し込めば最短即日審査回答とありますが、午後からの申込みの場合は翌営業日になるということが明記されています。

他の条件はすべてクリアしていたのに、申し込み時間が遅かっただけで即日融資が受けられなかった…なんていうことにならないよう早めに申し込みましょう。

即日融資を受けるための申込みの流れはどうなっているの?

即日融資を受けるためのポイントを3つご紹介しましたが、実際の申込みの流れを見ていきましょう。

WEB完結申込を行う手順とは?

みずほ銀行の口座を持っていて、キャッシュカードが手元にある場合、WEB完結申込を行うことで、即日融資を受けることができるようになります。

みずほ銀行カードローンのホームページで申し込もう

まずはみずほ銀行カードローンのホームページを開きます。

カードローンを申し込むには2つの選択肢がありますので、「みずほ銀行口座をお持ちの方はコチラ」をクリックしてください。

次に各規程や規約、同意についてのページが出てきます。面倒くさいかもしれませんが、必ずすべてに目を通し、納得してから申し込みを行うようにしましょう。

次に希望限度額と、確認書類についての項目が出てきます。

確認書類についてはキャッシュカードを既にお持ちの方で希望限度額が200万円未満の場合は提出の必要がありません。200万円を超える場合は、提出の必要があります。

また、注意点としては、今回登録する住所と、以前銀行の口座開設のときに登録していた住所が異なる場合です。

住所変更をその都度行っていて、双方が同じであれば問題ありませんが、異なる場合は、別途書類などの送付が必要となるケースがありますので、即日融資はできないでしょう。

それから申込者の情報の登録を行っていきます。WEB完結申込ではメールアドレスが連絡手段となりますので、打ち間違いのないように注意してくださいね。

審査が行われ、メールで審査結果が届きます

ホームページからの申し込みが終了すると、みずほ銀行で審査が行われます。審査は最短で当日結果が分かりますが、場合によっては翌日以降となる場合もあるということは覚悟しておきましょう。

審査に通ると、本人確認書類の登録を行います。

なお、キャッシュカードを持っていて、限度額が200万円未満の場合、本人確認書類の提出は必要ありません。

カードローン口座が開設され、キャッシュカードでキャッシング出来ます

審査に通り、確認書類の登録も終わると、お手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が加えられます。

この時点から、キャッシュカードを利用してキャッシングを行うことが可能となるのです。

ただし、審査の回答時間、確認書類の登録完了時間によっては、カードローン機能が付与されるのが翌営業日となる事もあります。

カードローンを利用する可能性があるなら…あらかじめ口座開設を!

いかがでしたでしょうか?

みずほ銀行のカードローンで即日融資を受ける方法についてご紹介してきました。

みずほ銀行カードローンの利用を検討しているなら口座開設を!

みずほ銀行カードローンを利用してみたいなと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

使いたい!と思ったときにすぐに利用できるように準備をしておくのは決して悪い選択ではないでしょう。

ここで一番大切なことはあらかじめ口座開設とキャッシュカードの発行をしておくということです。

そうしなければ即日融資を受けることができません。

もちろん、即日融資とかではなく、あらかじめいざという時の為にカードローンを申し込んでおくということも悪くはないのですが、近々住宅ローンなど別の大口ローンを組む予定の方は、マイナス評価となってしまう可能性もありますので注意しておきましょう。

口座開設しているからと言って必ずしも審査に通るとは限らない!

みずほ銀行カードローンを即日で利用できるようにするためにみずほ銀行の口座を持っていることとキャッシュカードを発行していることは必須条件となります。

しかし、口座とキャッシュカードを持っているすべての人がカードローンを必ず利用できるかと言われればそうではありませんので注意しましょう。

カードローンを利用するためには当然ですが審査があります。また、株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)の保証を受ける必要もあるのです。

例えば住宅ローンなど別のローンを組んでいて、そちらの返済が滞っているなんていう方や、過去にオリコ関係で金融事故を起こしてしまったなんて言う方はまず審査には通らないでしょう。

また、みずほ銀行やオリコに関係なくても、他社の借入件数が多かったり、返済に不誠実な部分があると審査に落ちることも考えられます。

審査に通らない可能性もあるということは十分認識しておきましょう。

純粋に即日融資を受けたいだけなら他の選択肢も考えるべき

みずほ銀行のカードローンは低金利で限度額も大きく、様々な特典もあり利用しやすいという利点もあります。

しかし、普段みずほ銀行に縁のない方や、近くにATMがないなんていう方の場合は、即日融資を受けたいからという理由だけで、あえてみずほ銀行カードローンを選ぶということについて一歩立ち止まって考えてみてください。

確かに、カードローンは提携ATMなどでも利用できますが、キャッシュカード一体型の場合、使用できるATMも限られてきます。

即日融資という言葉だけを追いかけていくと、いざ利用してみると使いにくいな?と思うこともあるかもしれません。

本当にご自分に合ったカードローンかということについてよく検討してから申し込みを行うようにしましょう。

新着記事
TOPICS