> > 即日融資もOK!おまとめローンの活用法と新規借入の関係について

即日融資もOK!おまとめローンの活用法と新規借入の関係について

おまとめローンと言えば、多重債務をはじめ、返済に悩む人には必須の借り換え商品です。銀行や消費者金融で探すことができます。月々の返済がとても楽になるという評判ですので、困った時には積極的に使いたいものですね。

おまとめローンで返済が楽になっても、どうしてもお金を別口で借りる必要が出て来る人もいることでしょう。また、おまとめローンを本来の目的以外で利用したいと思うこともあるかもしれません。

そんな時、おまとめローンを活用することは可能でしょうか?おまとめローンの性質から、どのような利用が最適であるかを考えてみましょう。

おまとめローンは例外扱い!総量規制も大丈夫!

どうしても困った時には頼りたい、むしろどうしても困る前に早めに頼りたいのがおまとめローン。このおまとめローンを利用する人の多くは、消費者金融からの借入や、クレジットカードのキャッシング機能の借入が多くて困っていることでしょう。

そういう状況では、おまとめローンを利用したくても、もう総量規制に引っかかってしまって…と思って悩むこともあるかもしれません。でもおまとめローンの場合、その心配は必要ないことがほとんどです。

おまとめローンのほとんどの商品は、総量規制が定められた貸金業法の中でも、「例外」という項目に該当します。例外の条件を満たしていれば、既に借り入れをしている金額が総量規制に達していても、おまとめローンを利用することができるのです。
  • 現状よりも返済が有利になる場合は例外として認められる

具体的には、「おまとめローンを利用することにより、金利や返済額が低くなり、返済が以前よりも楽になる」と考えておくと良いでしょう。

もしも現状、あなたがこの状況にあてはまるのであれば、例外として総量規制を超えた借入が認められることになります。総量規制のことで悩んでいる人には、ぜひ覚えておいて欲しいポイントです。

銀行カードローンをまとめたい!総量規制との関係は

消費者金融からではなく、銀行のカードローンからの借入で悩んでいる人も、総量規制に関係なく、おまとめローンを利用することができるのでしょうか。

  • 銀行カードローンの借入は、元々総量規制に関係しない

銀行からの借入は、貸金業法で定められた総量規制には無関係です。最初から悩む必要はありません。ただし、おまとめローンを選ぶ時には、選択に多少のコツが必要になります。

消費者金融が提供しているおまとめローンの中には、「貸金業者からの借入の借り換えに限る」という条件を設けているものがあり、銀行からの借金の借り換えには利用できないことがあります。

借入元で商品選択!銀行と貸金業者の違いで決める!

おまとめローンは銀行、消費者金融から多くリリースされています。どの商品を利用するかは、現在まとめたい借金の借入元で考えると良いでしょう。

  • 銀行カードローンの借入は銀行のおまとめローン
  • 貸金業者からの借入は消費者金融のおまとめローン

必ずしもこの2種類の分け方固執する必要はありませんが、商品概要を見ると、やはり借入元を限定したおまとめローンの提供が多いようです。

ただ、消費者金融のおまとめローンと比較すると、銀行のおまとめローンは借入元の選択肢が広いこともあります。中には消費者金融からの借入であっても申し込めるおまとめローンもありますので、地道に探して行くことが重要ですね。

即日融資でストレス軽減!借り換え専用商品の特徴

消費者金融のおまとめローンは、審査が速く、即日融資が可能なこともある、大変魅力的な商品です。返済に困っている人は、一日でも早く借金をまとめ、楽になりたいですよね。審査の速さは消費者金融ならでは、利用者の気持ちを分かってくれる存在です。

ただ、申し込みの際には、インターネットからの申し込みが不可となっていることが多く、専用ダイヤルに電話をしたり、店舗に足を運ぶ必要が生じる場合もあります。これは借り換え商品の特徴と言えるでしょう。

  • 使途や借入状況の口頭確認
  • 不明な部分や質問があれば説明してくれる

普通のキャッシングとは違い、おまとめローンは特殊な商品です。

場合によっては総量規制以上の大金を貸すことにもなるため、使途を通常よりもしっかりと明らかにしておく必要があります。

また、利用者側としても、説明書やネットの情報だけでは理解しきれない部分があるかもしれません。そんな時にはやはり、ダイレクトに話ができる状況で説明を行える申し込み方法の方が安心です。

この時、条件に問題がないと判断されれば、その場で審査が完了し、契約、場合によっては融資までを完了することができます。電話窓口や店舗の営業時間を確認し、うまくタイムシフトを組んで申し込みに向かうと良いでしょう。

追加融資OK?もっと借りたい人の疑問

おまとめローンの審査に無事に通過し、他社の借金を全て返済、あとはおまとめローンに返済をしていくだけ!となった時、もしかすると、別の借金をしてしまうかもしれません。あるいは、自分でも気づいていなかった借金が出て来てしまうかも…。

そんな時に思うのが、「今利用しているおまとめローンで、追加融資としてお金を借りることはできないかな?」ということでしょう。確かに、利用しているおまとめローンなら、利用状況も説明しやすく、追加融資に応じてくれそうな気がしそうです。

しかし、ほとんどのおまとめローンでは、最初に融資した金額以外、追加で融資することはまずありません。

  • おまとめローンでの追加融資はまず不可能
  • 金融機関側の印象を悪くしてしまう可能性が高い

むしろ「既に借金をまとめるほど困っていたのに、またお金を無計画に借りたのか!」と、あなたの印象を悪くしかねません。また、不可能な追加融資を頼んだことも、しっかりと記録として残されてしまいます。

今後、おまとめローンではなく、通常のキャッシングやカードローンでお金を借りたいと思っても、審査に悪い影響が出てしまう可能性があります。このような状況は、今後のためにも良いとは言えません。

どうしても追加で融資が必要な時は、別の金融商品を探してみるしかありません。一番良いのは、おまとめローンの返済が終わるまでは、新規の借金を一切しないでおくことかもしれませんね。

銀行カードローンでおまとめできる?専用商品以外の選択は

おまとめローンは返済に特化した商品です。追加融資も難しいため、中には利用を諦めたくなってしまう人もいるかもしれません。そこで考えたいのは、専用商品ではなくても、おまとめローンに利用できる商品のことです。

  • 銀行カードローンによってはおまとめに利用可能
  • 通常の審査が行われるため、確実とは言えない

銀行のカードローンは、事業性資金への利用でなければ、特に使途を制限していないカードローンも存在します。借金をまとめる資金に利用することも、特に禁じられていないことが多く、金利も低いため、こちらをおまとめ資金として考える人も少なくありません。

しかし、銀行カードローンは、もちろん通常の審査が行われます。他社からの借入も申告する必要がありますし、黙っていたとしても、調べれば分かってしまいます。

おまとめローンであれば、他社からの借り入れが多くでも、商品の性質上、審査での見方は変わってきます(審査が甘くなるわけではありません)。しかし、通常のカードローンとしての審査であれば、他社借入が多い人は問題視されることが多いでしょう。

カードローンで借りたお金は、確かにおまとめ資金に利用できるものもありますが、審査のことを考えると、やはり第一の選択肢とするには難があると考えられます。まずはおまとめ専用商品を利用してみた方が良いでしょう。

おまとめ以外に使っていい?使途限定の意味とは

おまとめローンは借金をまとめるための専用商品です。ただ、総量規制の例外とされるため、総量規制を超えた金額になっても借入ができるという特徴があることは、既にご説明しましたね。

これを逆手に取り、おまとめローンを他の用途として利用したいと考える人もいるかもしれません。

  • 現在消費者金融から総量規制に達する借入がある
  • 借金をまとめる気はないが、もっと多くを借りたい

そんな人はおまとめローンに申し込み、借りたお金を通常のキャッシングように使えるのではないかと思うこともあるでしょう。しかし、これは決してしてはいけないことです。

  • おまとめローンは専用商品のため、他の用途には利用できない

「黙っていれば分からない」と思うかもしれませんが、もしも融資をしてくれた消費者金融側に知られた場合には、契約違反として重大なペナルティを課せられる可能性があります。一括返済を求められたり、最悪、法的手段を取られることも否定できません。

専用商品は必ず、商品に定められている使途を守って利用して下さい。

黙っていれば分からないと思いがちですが、案外分かってしまうものです。そして、使途以外に利用できないよう、消費者金融側としても、様々な対策を取っています。

誤魔化しても絶対バレる!使途を守って利用しよう!

専用商品の審査は、特に念入りに行われます。規定の使途以外の利用をしようと思っても、それができないよう、審査の段階から様々な対応が取られることになっています。

  • 信用情報機関への情報問い合わせにより、借入先、借入金の把握
  • 他の使途として流用できないよう、返済先の金融機関へ振り込むことも

まず、審査の最初の段階で、消費者金融は必ず信用情報機関であなたの信用情報を照会します。過去の借入や返済状況は、ここで全て分かるようになっているため、本当におまとめローンが必要がどうかがすぐに判断可能です。

また、これは全ての消費者金融ではありませんが、場合によっては申込者本人にお金を渡さず、返済先の金融機関に直接振り込みを行うことにより、融資を完了することがあります。

このように、本来の借金のまとめ資金以外に流用することは、かなり難しい融資方法となっています。

万が一流用が可能な状態になったとしても、決して違う使い方をしてはいけません。専用商品は専用商品として、本来の目的に利用しましょう。

それでもお金が必要!そんな時には別の借入を

それでも、どうしてもお金が別口で必要な状況になってしまう人もいるでしょう。そんな時、借入の理由によっては、先に説明した「例外」があてはまる可能性があります。また、例外の他にも、総量規制には「除外」というものも存在します。

種類 代表的な例
例外 おまとめローン、配偶者貸付、個人事業主としての借入
除外 住宅ローン、自動車ローン、高額医療費など

例外のうち、おまとめローン以外では、配偶者貸付、個人事業主としての借入が挙げられます。配偶者貸付は夫婦の年収を合わせた金額から、総量規制を算出する借入方法です。個人事業主としての借入は、事業資金としての借入となります。

除外のケースの中で、住宅ローンや自動車ローンといったものは、高額の借入となるため、総量規制を適用すると融資が難しくなるという理由で認められています。年収に関係なく、審査次第で借入金を決めることが可能です。

また、高額医療費の場合は、高額医療費制度を利用することが前提となりますが、こちらも総量規制からは除外された融資になります。

例外、除外の内容は単なる生計費として個人が利用するには難しい内容が多いのですが、こういった資金が必要になった時には、消費者金融で借入をすることが可能です。

総量規制に悩み、このような使途の資金の申し込みができないと思っている人は、おまとめローンを悪用せず、ぜひ例外・除外の制度を思い出し、消費者金融に相談してみて下さい。

誰でもOK?おまとめローンに申し込める資格はこれだ!

それでは、おまとめローンに申し込めるのはどのような人なのでしょうか。消費者金融によって細かい条件は変わって来ますが、大抵は以下のような条件の人に融資を行っています。

  • 消費者金融から複数の借入があり、有利な借り換えをしたい
  • 過去の返済状況に問題がない
  • 借入金を必ず借金返済に利用する

複数の借入をまとめ、有利な借り換えをしたいと考えているのは、誰もが共通のことですね。複数の借金をまとめれば、金利が総合的に低くなり、返済総額の負担が軽くなるというメリットは何よりも助かります。

過去の返済状況に問題がないと言うのは、おまとめローンに申し込む前の借金の返済状況のことです。おまとめローンは金融商品ですので、返済態度で信用を測ります。過去の返済態度に問題がなければ、審査で高ポイントとして評価してもらえます。

逆に、過去に遅延や延滞を起こし、返済態度に問題があると判断されれば、おまとめローンの審査に通りにくくなってしまいます。返済事故を起こす前に、おまとめローンに申し込むことが重要だと言えるでしょう。

そして何よりも重要なのが、先にもご説明したことです。借入金を必ず、借金の返済に充てるという意思が必要です。この意思がない人は、おまとめローンではなく、他の商品で借入をする方が良いでしょう。

専業主婦も大丈夫?配偶者次第で申し込み可能!

専業主婦はお金を借りにくいと言われています。法律上は配偶者の同意があれば可能なのですが、返済能力を心配する消費者金融の中には、実質上、お断りしているケースも少なくありません。

とはいえ、消費者金融では借りていないとしても、クレジットカードのキャッシング機能などで借金を重ね、消費者金融のおまとめローンを利用したいと考える人もいるでしょう。こんな時、専業主婦はおまとめローンを利用できるのでしょうか。

  • 専業主婦も利用可能としているおまとめローンがある
  • 配偶者の同意、及び、配偶者に安定した収入があることが条件

消費者金融のおまとめローンの中には、専業主婦でも申し込みが可能なものがあります。

配偶者の同意があること、そして配偶者に安定した収入があることが条件となっているものがほとんどです。

元々専業主婦が消費者金融を利用する場合、法律でも、配偶者には同様の条件が求められます。法律に基づいた条件ですので、申し込みの時にも、あまり心配する必要はなさそうですね。

もしかすると、今までの借金を配偶者に内緒で行っていた人がいるかもしれませんが、ここは覚悟を決めて、許可をもらえるように頑張ってみましょう。自己破産や法的整理をするより、ずっと楽な気持ちになれるのではないでしょうか。

審査に通るコツはある?何よりも誠意ある説明を!

おまとめローンの審査では、通常のキャッシングの審査と多少異なる点があると言われています。審査に通りやすいコツをチェックしてみましょう。

項目 内容
他社からの借入件数 4社以上の借入は審査通過が難しいと言われる
3社以内からの借入が望ましい
勤続年数 短いと安定収入が難しいと判断されがち
最低でも半年以上の勤続年数が望ましい
信用情報 信用情報に傷が付いている
過去5~7年以内の返済事故は重大視される
大型ローンの残債、扶養家族の数 返済に回せるお金がどの程度あるか

普通のキャッシングでもこのような項目をチェックしますが、おまとめローンの場合、通常よりも厳しめにチェックされると考えておきましょう。特に他社からの借入件数や、信用情報のことは重要です。

おまとめローンはあくまで商品であり、慈善事業ではありません。確実に返済ができると思われる人に提供する融資です。審査通過のためには、様々な説明を求められることもあるでしょう。

他社からの借入件数について詳しく質問されたり、もっとプライベートなことも、必要であれば質問されるかもしれません。その都度、誠実に返答していくことが、審査では重要なことだと言えるでしょう。

もしも嘘をついて切り抜けようとしても、嘘だと知られた時、あなたの信用は地に落ちてしまいます。本当におまとめローンとして利用するのだろうか、と疑われてしまうことにもなりかねません。

他社からの借入が増えすぎる前に、また、信用情報に傷が付く前に、早め早めの申し込みをすることも、審査に通過する大切なポイントだと考えられます。

即日融資OKはどれ?消費者金融と銀行をチェック!

本人に直接融資をされるのか、借入先の金融機関に直接振り込みをされるのか、おまとめローンの商品の性質や、あなたの状況によって変わってくることは確かですが、そのスピードが速い商品が多いことは確かです。

従来の銀行では、審査に数日を要することが多いと考えられる商品内容でも、消費者金融の多くは、即日融資に対応している商品がたくさんあります。即日融資でのおまとめローンを求める人は、対応したものを選びたいですよね。

また、銀行でも、最近ではおまとめローンの商品を提供することが増えています。消費者金融のように即日融資とはいかないまでも、審査のスピードがかなり速くなっていますので、こちらも選択肢に入れて行きたいですね。

商品説明チェック!銀行でもおまとめローン!

今回ご紹介する商品は、オリックス銀行カードローン、そして東京スター銀行のおまとめローンです。まずはそれぞれのスペックをチェックしてみましょう。

おまとめローン5.8%~14.8%ネット申し込み可能自営業、専業主婦、
非正規雇用は不可

商品名 金利 限度額 特徴
オリックス銀行
カードローン
1.7%~17.8% 800万円 おまとめ資金利用OK
即日回答可能
東京スター銀行

オリックス銀行カードローンは、おまとめローン専用商品ではありません。しかし、商品説明として、「おまとめ資金利用可能」の文言が記載されています。これなら問題なく利用することができるでしょう。

また、おまとめローンに利用できる銀行カードローンの中では審査が早く、最短即日で審査結果を知ることができます。ただし、融資には最低でも2~3日はかかると言われていますので、どうしても即日融資が必要な人には向いていません。

東京スター銀行のおまとめローンは、名前の通り、おまとめローン専用商品です。申し込み資格は厳しめで、自営業、専業主婦、アルバイトやパートといった非正規雇用の人は、申し込みができないとされています。

ただ、専用商品でありつつも、インターネットからの申し込みが可能となっているため、電話をかけたり店舗に行く時間がない人には、申し込みの敷居がそれほど高くないと言えるでしょう。審査には数日を要すると考えておきましょう。

銀行の商品は金利が低いことが特徴ですが、オリックス銀行カードローン、東京スター銀行のおまとめローンも例外ではなく、借入希望額によっては、かなり低い金利で利用することが期待できます。

消費者金融ならコレ!専用商品でも即日融資!

消費者金融から提供されているおまとめローンは、即日審査、即日融資が可能な商品もあります。やはり即日融資と言えば、消費者金融が強いイメージがありますよね。すぐに利用したい人は、やはり消費者金融の商品を選択すると良いのではないでしょうか。

商品名 金利 限度額 特徴
アイフル
かりかえMAX
12.0%~17.5% 500万円 即日融資可能
プロミス
おまとめローン
6.3%~17.8% 300万円 即日融資でも可能
申し込み資格に条件あり

アイフル、プロミス共に大手の消費者金融ブランドですが、どちらの会社も、貸金業法に基づいたおまとめローン商品を提供しています。対象は貸金業からの借入に限りますが、貸金業者ならではの、細かい相談などにも応じてくれそうですね。

アイフルのかりかえMAXは、消費者金融の中では、おまとめローンの限度額が高く、高額のおまとめ資金を必要としている人に嬉しい商品です。借入額が高くなれば金利は低くなりますので、低金利、即日融資が期待できます。

プロミスのおまとめローンは、限度額こそ300万円ですが、金利が低いことが特徴的だと言えます。借入額によっては、消費者金融とは思えない、銀行並の低金利で利用できると考えられますね。

ただ、プロミスの申し込み資格には、はっきりとした制限が明記されています。

  • プロミスのおまとめローンは主婦、学生も申し込み可能
  • ただし、アルバイト、パートによる安定した収入がある方

即日融資に関しても、以下のことに注意する必要があります。

  • 申し込みの時間帯によっては、当日中の融資ができないこともある

申し込みの時には、いくつかの注意事項が必ずあるものです。申し込みをする前に、公式サイトやパンフレット、あるいは直接問い合わせをして、できるだけ詳細な注意事項や条件を確認しておくことをお勧めします。

おまとめローンは専用商品!他のことには使わないで

銀行、消費者金融と、おまとめ資金に利用できる商品はしっかり準備されています。ただ、誰もが利用できるというわけではありませんし、おまとめ資金以外に利用することもできません。

不自由と言えば不自由な商品の性質かもしれませんが、何よりも「現状の返済よりも楽になれる」ということを考えれば、専用商品としてとても優秀なものだと言えるのではないでしょうか。

おまとめローンの元来の利用方法以外にお金を使いたいと言う人は、別の金融商品を探す必要があります。専用商品は専用商品として、正しく使っていきたいですね。借金に苦しむ人が少しでも楽になれるよう、ぜひ有効活用したいおまとめローンです。

新着記事
TOPICS