> > 家族に内緒でカードローンを借りたい!秘密のまま即日融資は可能か?

家族に内緒でカードローンを借りたい!秘密のまま即日融資は可能か?

カードローンを利用したいけれども家族には知られたくないという人は多いと思います。カードローンは申込時や利用中に金融機関側とのやり取りや郵送物が有るため、家族に知られてしまう契機がいくつかあります。
まず申込時は即日融資を利用し、さらに家族に知られない方法としてお勧めなのが自動契約機です。自動契約機であれば申込みからカードの受け取りまでその場でできる為、家のほうでのやり取りはありません。
また秘密を保持するためには利用開始後も毎月金融機関側から送られてくる利用明細書にも対策が必要です。そのためには利用明細書の送付が止められるカードローンを選び、申込み直後に送付停止の設定をしなければなりません。

家族に知られる契機はいつ?申込みから利用開始後まで

カードローンの利用を家族に知られないようにするためには、まず申込時に注意が必要です。パソコンやスマホから申込みができますから申込み情報を送る時点では問題はありませんが、金融機関から電話が有る場合が有ります。
また契約書類やカードの送付も家族の目に入る場合が有りますから、申込み直後の郵便物についても注意が必要です。
これ等の点については予め金融機関のホームページなどで申込みの手順を調べて、どういった接触が有るかを確認しておきましょう。
また利用を開始した後も、毎月利用明細が送られてくるため、これも何度も来るということになると家族の関心を誘うかもしれませんから、家族の目に触れないような対策を考える必要が有るでしょう。

申込時の金融機関からの電話に注意

まず申込時を考えてみることにしましょう。
電話やFAXと言う方法も有りますが、見つかる可能性が高くなるのでお勧めはできません。
インターネット経由で申込んだ場合を考えてみると、パソコンは家族共有かもしれませんが、スマホなら個人使用が普通ですから、家族の目の前で操作でもしなければまずその時点で見つかってしまうようなことは有りません。
申込みを行えば金融機関は審査を開始してすぐに審査結果を連絡してきます。この連絡はメールを利用する場合と電話を利用する場合が有って、どちらかを選択できることも有ります。
そこで申込む際メールで連絡が受け取れるものを選ぶ様にすれば気付かれないでしょう。
また審査終了時に、カードローンによっては電話で必要書類を連絡してくる場合もあります。
対策としてはそういったカードローンは申込まないという方法と、電話が来そうなときには自分で受話器を取って対応するというものが有りますが、できれば電話連絡は無い方が安心です。
また審査に落ちた場合に限って、連絡は電話やメールではなくて後日ハガキで行われるカードローンも有るので、そういった危険性のあるカードローンは選ばないようにしましょう。

カードローンの申込方法
カードローンには次のような申込方法が有ります。

  • 窓口
  • 自動契約機
  • 電話・FAX
  • 郵送
  • インターネット経由

当初は窓口だけで融資を行っていましたが、技術の進歩の中で、自動契約機が作られ、さらにインターネットが普及することでパソコンから始まって、携帯電話への対応、さらにはスマホへの対応と進んできました。
特にスマホは普及率が高く利用者が多いため、単にブラウザから申込むのではなく、専用アプリを提供して必要書類の送付を含めて非常に簡単に申込みができるようになっています。
こういった新技術対応には消費者金融が非常に早く、今後も新しい技術が普及して来れば、すぐにそれを利用してカードローンの申込みができるようにしてくるのではないかと考えられます。

【関連記事】
スマホで申し込みOK!即日融資対応キャッシングを利用する方法とは

契約書やカードの送付に注意

審査に通過した後も安心はできません。現在では契約もWeb上で行えるようになっているカードローンも多いですが、紙による契約書の交換を行っている場合も有ってこれを家族に見られてしまうことも無いとは言えません。
カードローンを選ぶ際には契約形態についても確認しておかなければならない訳です。
またカードローンと言う名前からも分かるようにカードローンはカードを使ってATMから融資を引き出すというのが基本形態で、店舗以外で契約を交わした場合には、カードを郵送してくるのが普通で、これにも注意が必要です。
カードローンによっては銀行振込だけで利用するタイプのものが有り、この場合にはカードは発行されませんが、ATMが利用できないので使い勝手は良いとは言えません。

利用開始後には毎月利用明細が送られてくる

契約が終わってカードの受け取りも無事に済んだとしてもまだ安心はできません。
カードローンを利用すれば毎月どのような利用をしているのかを記載した利用明細書が送られてきます。当然利用者宛てに郵送されるものですから家族が中身を見ることは無いでしょうが毎月来るようになればどうでしょうか。
毎月同じようようなお手紙が来ていたら、家族もそのうちに気付いてその手紙についてどういうものなのか聞いてくる可能性は大いにあるでしょう。
その時は説明しだいでばれてしまうような事は無いでしょうが、疑い深い家族がいる場合には、さらに追及される可能性も無いとは言えません。だんだん隠しておくのは難しくなっていくのではないでしょうか。

即日融資の申込みは自動契約機がお勧め!家族に気付かれる心配が無い

申込時の接触などを回避するには、家にいてパソコンやスマホを使って申込むよりも金融機関の店頭などにある自動契約機を使ったほうが安心です。
自動契約機なら申込みからカードの受け取りまで可能で、家族に知られてしまう確率は非常に小さいでしょう。しかも大手消費者金融の一部店舗の自動契約機であれば夜22時まで利用出来るので遅くなっても即日融資が使えます。
ただし、家で行うわけではないので、申込に必要な書類は予め金融機関のホームページで必要なものを調べて用意しておく必要が有ります。
通常は本人確認書類ですが、借入希望金額によっては収入の証明書類が必要だったり、金融機関によっては更に別の書類が必要になるので十分注意して用意してから行きましょう。

自動契約機なら家族の目を心配しなくても良い

今でこそカードローンの申込みではインターネットを利用する場合が増えていますが、インターネットが普及する前には自動契約機でカードローンの契約をするのが主流でした。
この頃はまだ銀行がカードローンに進出しておらず消費者金融だけでしたが、消費者金融はあまり評判が良くなく、窓口に行くのは避けたいと考えている人が多かったため、店頭に置かれた自動契約機がさかんに利用されたというわけです。
現在でもこの自動契約機は店頭などに設置されていて、家族に内緒で利用したいという場合に家で申込みを行うよりも、間違いなくバレる危険性は少ないと考えられます。
消費者金融に行くのは嫌と言う人もいるかもしれませんが、銀行でも同じように自動契約機を設置している場合が多いので、特に店舗を嫌う必要はありません。
また銀行にも関連する消費者金融の自動契約機が設置されている場合も有るので、消費者金融を利用したい場合でも、必ずしも消費者金融に行く必要はありません。

契約もカードの受け取りもその場ででき即日融資でも便利

自動契約機を利用することによるメリットはこれだけではありません。自動契約機で申込みを行えば契約やカードの受け取りもその場で行うことができますから、家族にバレる契機はそれだけ消えることになります。
しかも家に居ながらにして申込む場合にはカードの受渡しが郵送になるという欠点が有りますが、自動契約機ならそれが無いので、即日融資でもATMを利用してカードで融資を引き出すことができます。
また時間的に遅くなり既に銀行振込では即日融資が難しい場合でも、自動契約機であれば最長22時までは稼働しているので即日融資が利用できる可能性が非常に高くなります。
カードローンによっては家等でインターネット経由で申込みをしても、契約とカードの受け取りだけは自動契約機で行えるという場合も有るので、自動契約機をうまく使って家族に知られることなく即日融資を利用してください。

銀行振込による融資の利用
銀行振込を利用すれば振込依頼だけで自分の口座に振り込まれるのでATMまで行く必要もなく、大変便利でネット上での買い物で利用するのであれば、まさに座ったままでお金の調達から買い物までできることになります。
しかし銀行振込は良いことだけではありません。振込依頼の時間によっては翌営業日に回されてしまうことが有るのです。これは銀行が15:00までしか当日の振込みを受け付けていないためです。
このため金曜日の15:00に間に合わなかった場合には実際に振り込まれるのは翌営業日である月曜日の9:00ということになり、土日で利用しようと考えていても間に合わないことになってしまいます。
したがって振込依頼を利用する場合には、振込依頼を出す時間に十分注意を払う必要が有ります。

必要書類を確認して忘れない様にしよう

ただし、自動契約機を利用する場合には注意しなければならない点が有ります。それは申込みに際して必要になる書類です。
自動契約機を利用するには金融機関の店舗に行く必要が有りますが、自宅での申込みであれば申込み途中で書類を探すということもできますが、店舗に行ってからはできません。もし忘れれば家に帰ってこなければなりません。
したがって自動契約機を使う場合には、各金融機関のホームページをよく確認して必要書類を揃えてから行くようにしましょう。必要書類は概ね次の2種類です。

  • 本人の証明書類
  • 収入の証明書類

本人の証明書類は必ず必要になります。収入の証明書類は各金融機関で定めた金額以上の借入を希望する場合に必要になります。銀行は各行で違いますが消費者金融は50万円以上で必要です。
これらの証明書類として利用できる書類は各カードローンごとに決っている為、予め確認が必要です。自動契約機の前に行ってから利用できないとわかっても遅いので、しっかり確認して準備してください。

契約後の対策を考えておこう!郵送物を止められることが重要

さて無事即日融資が利用できたとして、家族に知られないためにはその後も気を抜いてはいけません。利用明細書が毎月送られるようになれば家族の関心を引くのは時間の問題です。
そこでカードローンを選ぶ際には即日融資が可能という条件の他に利用明細書の送付を止められるという条件を満たすものを選びましょう。最近では利用明細をインターネット上で確認できるため、送付を停止できるものが有るのです。
このような利用明細書の送付停止は、通常は手続きをしないとできなくなっているので、家族に知られたくないのであれば、カードローンの契約直後に利用明細を停止する手続きを取っておくようにしましょう。
ただしこの手続きを取ったとしても督促状などは停止できませんから、返済が滞らないように十分注意してください。

郵送物を止められるカードローンが有る

次の問題は利用を始めてからの郵送物の扱いです。毎月良く分らない郵送物が目に入れば家族に説明せざるを得ないでしょう。ではどういう対処法が有るのかと言えば実は簡単です。郵送物を止めてしまえばよいのです。
カードローンにもよりますが、現在ではインターネットが普及したことによって、自分の利用状況をインターネット経由で確認することができるようになりました。
このため利用者によってはわざわざ紙で確認する必要は無いということになります。
そこで一部のカードローンでは郵送による利用明細書を止めることができます。そもそも郵送物が送られてきても有効に利用している人は少なく、バレたくない人はすぐに処分してしまうことも多いため止められるのは便利です。

ただし、カードローンによっては止めることができないものも存在しているので、申込時点で利用明細書の郵送を停止できるのかどうかを確認しておく必要が有ります。利用を開始してから出来ないとわかっても遅いのです。
Web完結と言う申込方法
カードローンの中にはWeb完結と言う方法を提供している場合が有ります。
このWeb完結は申込みから融資の利用まですべてをWeb上で行うというもので、ATMの利用などを想定していないためカードの発行も無く当然カードの郵送も有りません。
融資の利用はすべて銀行振込を利用することになるため、振込依頼の時間には十分気を付ける必要が有ります。
また利用明細の確認もWeb上で行うことになり、特に本文で紹介している送付を止める手続きなどはありません。
このようにWeb完結を利用すれば家から申し込んだとしても家族にバレてしまう危険性はかなり減らすことができます。注意しなければならないのはATMが利用できないという使い勝手が我慢できるかどうかという点です。
ただし、このWeb完結と言う申込を行うには、特定の銀行の普通預金口座を持っていなければ駄目とかいった条件が有るため、誰でも利用できるわけではありません。
利用を考える場合には、そういった申込条件についても良く調べておくことが必要です。

契約したらすぐに郵送物を止める手続きを取っておこう

こういった利用明細書の送付の停止機能を利用する場合、殆どは利用開始後に停止の手続きを取って初めて停止できるようになっています。したがってこの手続きを忘れていると、利用明細書が送られてくるので注意しなければなりません。
そこで契約の手続きが終了したら、すぐに利用明細書の送付を停止するための手続きを取っておくようにしましょう。
通常はインターネット上の自分の会員専用ページから手続きができるようになっています。
また極一部のカードローンでは最初から利用明細書の送付が停止されており、送付が必要な場合だけ手続きをすれば送付されるという場合が有るので、自分の利用するカードローンはどちらなのかを確認しておきましょう。

督促状などは止められないので要注意

このように利用明細書については送付を止めることが可能です。しかし金融機関から送られてくる郵送物と言うのはこれだけではありません。通常は利用明細書に気を付けていれば十分ですが、通常ではない時が有るのです。

通常ではない時と言うのは要するに返済が行われなかったときです。この場合には督促状が送られて来ます。これは利用明細書と違って停止する機能はありません。返済しなければどんどん送られてきます。

それでも返済しなければ問題は回収担当に回り、今度はこの回収担当のほうから電話がかかるようになります。こうなったら督促状を隠しておいたとしても、もはや家族に隠しておくことは不可能でしょう。
最終的には催告書というものが送られ、裁判所の判断次第では差し押さえなどが行われることになります。ここまで行くと家族も巻き込まれて大きな負担をかけることになってしまうでしょう。

家族に隠すのは得策ではない!問題発生時には家族の助けが必要

ここまでカードローンの利用を家族に隠すという話で進めてきましたが、本来は家族に隠してしまうのは得策とは言えません。
まず隠しておくには様々な注意を払わなければならないうえに、家族に秘密を持つことはあまり精神衛生上良いことではありません。自宅に帰ってきて、まだ何かに気を遣わなければならないとしたら、休息が取れません。
そしてもう一つ重要なことは、カードローンを長く利用していると、返済に行き詰ってしまうことは何度かはあるものです、そういった場合相談できるのは家族だけです。内緒にしているとそれもできなくなってしまいます。
ですから、もしお金が必要になったらまずは家族に相談するのが良い方法です。もしかすれば家族内で何とかできて借入も必要ないかもしれません。借りなくて済めばそれに越したことはないのです。

家族に隠し事をするのは精神衛生上良くない

家族と言うのは毎日顔を突き合わせて生活しているわけですから、何か隠し事をしていても、なんとなく顔に出てしまって、心配してくれたりするものです。知られたく無ければそういうことにも注意が必要です。
しかしそんなに気を使っていると、病んでくるのが精神的な部分で、家族に対して隠し事をするというのは、他人に対して隠し事をするよりも精神衛生上良くありません。
最近は家族の絆が薄れていると言われますが、それでも家族と言うのは助け合って生きているものです。そのためには情報を共有して、お互いに足りない部分を補っていかなければならない共同体なのです。

返済に窮するなど問題の発生時に助けてくれるのは家族

またカードローンの返済中に問題が発生して返済が難しくなった場合には、そのままでは返済できず、自己破産するしかなくなるかもしれません。そういったことが無いように助けてくれる存在として家族が有ります。
そのためにも常に家族とは情報を共有しておき、返済状況についても理解を得ておくことが必要です。借り入れを隠しておき、返済できなくなったら突然、助けてくれと言ったって家族は戸惑うだけです。
したがって、カードローンを利用する場合は、まずは家族に相談して意見を求めたほうが良いのです。
利用目的によっては借入を反対されることも有るでしょうが、そういった意見に耳を傾けて再検討することは悪いことではありません。
もちろん最初から家族を当てにして借入れするのは良くありませんので、家族に相談する際には、借入額を明らかにして、返済計画を説明し、自分の経済力で返済できることを示さないと家族だって納得しません。
しかしそういった計画を練ることで、返済の可能性と言うのはかなり高まるものです。家族も納得させられないようなずさんな返済計画では、そもそも返済して行けるか怪しいものです。
返済を滞りなく行うためにも家族に相談しておくというのは大変意義のあることだと考えるようにしましょう。

返済計画
返済計画はただ単に月々いくらの返済を何か月続けるというような簡単なものでは無く、自分が本当に返済して行けるということを見せなければ意味が有りません。
そのためには、まず過去1年分程度の自分の月々の収支を計算して、毎月返済額を上回る黒字が有ることを示します。これが無ければそもそも返済などしていけません。
次に今度は返済期間中の月々の収支を予想します。どのような支出が予想されるのかが具体的に分かるようにしておくことが必要です。もちろんこの場合も月々返済額を上回る黒字が予想されなければなりません。
返済計画は返済が始まった後、月々返済計画通りに行っているかをチェックし、予想より黒字が小さくなりそうな場合には、どの支出を削ればよいかなどがすぐに分かるようにできていることが必要です。

即日融資が必要なら家族に相談すれば借りなくて済む可能性も有る

即日融資が必要になった時に、もう一つ家族に相談することの利点が有ります。
家族の中には自分よりも人生経験が豊富な人がいるかもしれません。そういった人に相談した場合、その人の経験上そういったお金を使うべきかどうか判断してくれるでしょう。
もしそういった人が借入れに反対したら理由をよく聞いて、借り入れを再検討しましょう。必要性を認めてくれれば、無下に借入について反対はしないはずです。
また理解を得られた場合には、カードローンで借りるのではなくて、家族間で貸してくれる可能性も無いとは言えません。借金というものは出来ればしないほうが良いのです。家族内で遣り繰りできればそれに越したことはないのです。
このように家族に相談することによる利点と言うのは色々とありますので、借り入れを考えた時にはまずは家族に相談するところから始めてみてはいかがでしょうか。
ここで家族に内緒でカードローンの即日融資を利用することについて纏めておきます。

  • 家族に知られる契機を考えてそれぞれに対策を取る必要が有る
  • 即日融資の場合家族に隠すのであれば自動契約機の利用がお勧め
  • 契約後の利用明細書の送付は停止の手続きを取る
  • 家族には隠しておくよりも相談相手になって貰ったほうが良い

即日融資はそれに対応しているカードローンに絞られるので、使い勝手の良いものが利用できなくなる可能性も有り、借り方としてはあまりお勧めできるものでは有りません。なるべく即日融資が必要な場面にならないように注意しましょう。

新着記事
TOPICS