> > 即日融資不可!低金利のブライダルローンは余裕を持った計画を

即日融資不可!低金利のブライダルローンは余裕を持った計画を

結婚式に婚約指輪や結婚指輪、新婚旅行に新居など、結婚という1大イベントにかかる費用はかなりかかります。見積もりを出した時よりも高くなることも多いでしょう。

2人の貯金と親からの融資でも足りない時や、ご祝儀で払えるけれど前払いするには足りない時などに利用できるのが、ブライダルローンです。

ブライダルローンは、通常のカードローンよりも金利が安いですが、実際の融資までに時間がかかるので、余裕を持って計画しましょう。これからブライダルローンについて詳しくご説明します。

目的別ローンの1つ!ブライダルローンって何?利用できる条件はコレ

ブライダルローンは目的別ローンの1つです。目的別ローンとは、借りるお金の使い道が決まっているローンのことをいいます。例えば、カーローン(車のローン)や教育ローン、住宅ローン、介護ローン、葬儀ローンなどがあります。

ブライダルローンが対象としている費用は、冒頭で少し触れていますが婚約指輪、結婚指輪、結婚式、結納、親族顔合わせ、新婚旅行、新居(家具や家財購入、引越し費用も)など結婚に関わるものです。※会社によって対象となる範囲が異なる場合があります。

必要書類がないと利用できない!ブライダルローンを利用できる条件!

目的別ローンを利用するためには、実際に目的通りにお金を使いますよという証明書「使途確認書類」が必要になります。

結婚式の費用で利用するなら、一般的には式場が発行した見積書や請求書など費用が記載されているものが使途確認書類にあたります。

また通常のカードローンと同様に、本人確認書類や収入証明書などの書類の他に、各会社で利用できる人の条件(安定した収入、正社員のみ、勤続年数など)が設定されています。申し込む前に必ず確認しましょう。

新郎新婦が未成年でブライダルローンを申し込みたい場合、ローンの審査対象は親になります。親がローンの申し込み者になります。

完済時の年齢に制限がある場合もありますので忘れずにチェックしましょう。完済時70歳までという条件では、66歳で借りて5年後の71歳で完済という計画はできません。

ブライダルローンが良い理由!金利が低い!短期間の完済なら無利息も

ブライダルローンのメリットは、通常のカードローンと比較すると金利が低いです。目的別ローンは金利が低いです。

通常のカードローンは3%〜18%くらいのものが多いですが、ブライダルローンの多くは3%〜8%の低金利です。

銀行、信用金庫、JA、保険会社、結婚式場、消費者金融などでブライダルローンがあります。その中でも銀行や信用金庫やJAの金利は特に低く、消費者金融は高めになります。

もちろん通常のカードローンでも結婚にかかる費用を支払うことはできます。労働金庫でブライダルローンより低金利のローンがありますが、低金利ほど審査が厳しくなります。

30日以内の完済で無利息ブライダルローン!すぐに完済できるなら!

ご祝儀を合わせると支払えるが前払いだと足りないなど、すぐに完済できることが確定しているなら、30日以内で完済ができるなら無利息で借入ができるというところは魅力的です。

最高融資額に注意!金利の低さだけで選ぶと返済総額が高くなることも

金利の低さだけで選ぶと実は落とし穴があります。最高融資額によって実際の借入額次第で利息が高くなることがあるので要注意です。

つまり、最高融資額が600万円と300万円の2社があり、600万円の方が低金利だとしても、実際の借入は200万円として、200万円にかかる金利は600万円の方が高くなることがあります。

最高融資額が300万円の方で200万円借りた方が低い金利になる可能性があります。基本的に金額が大きい方が低金利になります。自分の借入限度額と実際の借入額で金利が決定します。

ブライダルローンの返済シミュレーションをすることをオススメします。

また保証料、保証金が別途かかるケースがあるので、結局高くついたという結果にならないよう最初に確認しておきましょう。

即日融資不可!金額が大きいブライダルローンは審査時間がかかります

ブライダルローンは即日融資ができず、融資までに2週間〜3週間以上かかります。

結婚式の費用の場合、式の日取りが決まっていて支払期日も迫っているなら消費者金融かカードローンを視野に入れる方がいいです。

通常のカードローンでも、少額の借入なら即日融資可能でも借入額が大きくなると審査時間がかかる場合があります。大きな額になるブライダルローンは、申込者に返済能力があるかどうかの審査が厳しくなるため時間がかかります。

ここが原因?申込条件は満たしているのに審査落ち!申込む前に確認!

他に借入がある人は、今回のローンが年収の3分の1以上の借入になる場合は審査通過できません。これは法律で定められていて総量規制といいます。

また申込者の過去の信用情報が大きく影響します。信用情報とはこれまでのクレジットカードやローンの使用歴です。返済遅延や踏み倒しをしたことがあるか、破産した経験があれば審査通過が難しくなります。

5年以上(事柄に依ります)立っていると信用情報機関から信用情報が抹消されるため大丈夫になっている可能性があります。

逆に返済期日を守って返済できていれば信用度が高くなります。

不安な人は、自分の信用情報を確認したい人はローンを申込む前に、確認できる書類を有料で請求ができる機関があるので問い合わせてみるといいです。

カードローンや消費者金融を利用するのが初めての場合は、100万円も借入できないことがあり、借入額に付く金利も最大のものになってしまいます。

まとめ!即日融資不可のブライダルローン!借入額より返済総額で計画

通常のカードローンと比較して、低金利のブライダルローンの返済期間は5年〜10年と制限されているものが多いです。ご祝儀ですぐに返済できるなら、早めに増額返済や完済しましょう。

借入残高の額に応じて利息が付くので、早く元本を減らしていく方が利息が小さくなります。30日間など短期間で完済できるのであれば無利息で借りることができるところは魅力的です。

低金利だけでブライダルローンを選ぶと、実際の借入額次第で予定していた金利より高い金利が付いてしまうことがあるので、申込む前に返済シミュレーションをしましょう。

申込みは本人確認書類や収入証明書の他に、使途確認書類などが必要です。

審査が厳しく、融資までに最短2週間〜3週間以上かかります。審査落ちすると他のローンを探さなければならなくなるので、かなり余裕がある計画を立てましょう。

一生に一度の結婚に関わることだからこだわりたいところですが、借金に違いはないので、新婚生活のスタートに借入額を最小限に抑えるに越したことはありません。現実的に元々の費用の見直しをすることも大切です。

新着記事
TOPICS